未分類

保護犬カフェってどんなところ?

 

保護犬の里親になると決める前から、気になっていた”保護犬カフェ”の存在。

 

自分のワンちゃんと行ける犬カフェはよく聞くけど、私ワンちゃん飼ってないしな、、でもワンちゃんと触れ合いたいな。ワンちゃんを飼っていなくても、ワンちゃんと触れ合えるカフェのような場所ってないのかなー、、と思ってネットで探して見たら、なんととても素敵なお店を見つけました。

そんな素敵な保護犬カフェに実際に足を運んでワンちゃんと触れ合って感じたことをご紹介したいと思います。

保護犬カフェとは?

 

”日本初!キャストが、一度は人間に捨てられ殺処分されるかもしれない運命から

奇跡的に保護された保護犬・保護猫、という「いぬ&ねこカフェ」です。

「保護犬」の話題となると、どうしても重くなってしまいがちですが、HOGOKEN CAFE®では

”もっと気軽に”皆様とキャストが触れ合っていただける場所です。

保護犬について考えるきっかけになればとは思っていますが、そんなことは気にせずに

まずは、気軽にキャスト達と遊びに会いに来ていただけるのを楽しみにしています!”

保護犬カフェ公式ホームページより

 

ややこしい話は抜きに、何より『保護犬と気軽に触れ合える場所』をコンセプトにされているお店のようですね。

 

保護犬カフェを知ったきっかけ

私が保護犬カフェを知ったきっかけは、保護犬の里親になろうと決めてからではなく、ただただワンコと触れ合いたい!癒しが欲しい!という単純な気持ちから、そこまで遠出せずとも犬と触れ合える場所はないか探したことがきっかけでした。

 

犬を飼っていない人も行けるドッグカフェはないの?

ペット不可の賃貸マンションに住んでいた私は、自分で犬を飼うことはできないけど、犬と触れ合える場所がないかを探していました。

もともと、犬だけに関わらず動物(特にモフモフしている哺乳類)が大好きで、旅行に出かけた際には動物がいるレジャー施設をスケジュールに組み込み、度々訪れていました。犬の飼い主がワンちゃんと一緒に食事ができるカフェはあるけど、犬を飼っていない人がワンちゃんと触れ合えるカフェってあるようで、なかなかなかったのです。

 

動物とのふれあいを求めて

今思えば幼少時代に唯一、泊まりがけで行った家族旅行の行き先は、白浜アドベンチャーワールド。

静岡の伊豆に出かけた時には、伊豆アニマルパークで動物たちと触れ合う。

大阪に出かけた時には、天保山アニパで動物たちと触れ合う。

沖縄本島に出かけた時には、東南植物楽園、ネオパーク沖縄、フクロウカフェで沖縄なのに関わらず動物たちと触れ合える場所を求めて観光する。

宮古島に出かけた時には、島の猫ちゃんに遭遇するたびに猫ちゃんたちと戯れる。

 

見るだけの動物園も楽しいですが、やっぱり実際に動物とふれあえる方が楽しい!

でも、実際のところ、普段の生活の中でそう行ったレジャー施設に行く機会ってなかなかないですよね。

なので、保護犬カフェの存在を知った時は嬉しかったです。

保護犬カフェはどこにあるのか

保護犬と出会えるカフェは、現在日本全国に増えてきています。今回私が訪れた保護犬カフェは日本で初めてできた保護犬カフェで、現在大阪、兵庫、東京、千葉の駅近に合計11店舗あります。最近は東京の立川駅前にも新しく店舗ができました。(2019年2月)

大阪市の天神橋に日本初の保護犬カフェの発祥でもある第一号店があることもあり、大阪府に店舗が多いようです。

店舗の形態は、ソファにゆったり座ってくつろげたり、街中のカフェのように机と椅子が置いてあったりするカフェスタイル。また千葉県の印西市の店舗では、ショッピングセンターの中にミニふれあい動物園と並んでカフェが併設してあったり、店舗によって形態は異なります。

私は東京在住ですので、東京にある保護犬カフェ 西八王子店に足を運びました。西八王子店は、JR中央線の西八王子駅から徒歩10分の、閑静な住宅街の中にあります。

駅から10分の徒歩圏内で行けるので、私のように車がない方でも行きやすいです。

二階建ての建物で、一階にはワンちゃんと猫ちゃん、二階にはワンちゃんがいます。椅子や机が置いてあるメインのカフェスペースは二階になりますが、一階のワンちゃんとも触れ合うことができます。

入り口には脱走防止ゲートが何重かに設置してあり、保護犬・保護猫への配慮が感じられました。

保護犬カフェにはどんな犬たちがいるの?

愛護センターから助け出された子や、繁殖犬(ペットショップで売られている子犬のお母さんお父さん犬)としてブリーダーの元で飼われていたが子供が産めなくなって、もう使い物にならないからと手放された犬だったり、中には飼い主の飼育放棄だったり、ペットショップでの売れ残りだったり、様々な理由で保護されたワンちゃん猫ちゃんたちがいます。どんな子でも、何かしら人間の都合で一度は捨てられた子たちです。

私が訪れた際には10頭以上のワンちゃんや猫ちゃんたちがいましたが、そんなことを感じさせないくらい人懐こい子が多いことに驚きました。膝にポンっと乗ってくる子、少し怖がりさんだけど、慣れてくるとヨチヨチ寄ってきて、撫でてアピールをする子。隅っこでずっと寝ている子。尻尾を振って近づいてくるが触ろうとすると少し戸惑った様子を見せる子。いろんな子がいました。

高齢で目が見えなかったり、何かしらの病気を持っていたり、介護が必要なワンちゃんもいますが、カフェでお客さんと触れ合えるスペースには人と安全に触れ合える状態の子しか出していないということもあり、どの子もみんな攻撃性もなく、穏やかな性格をしていてとても可愛かったです。

保護犬カフェの特徴

保護犬カフェってどういう仕組みなの?保護犬カフェ独自の特徴やシステムをまとめました。

 

ワンドリンク制で誰でも利用できる

私が行った西八王子店の場合は、590円のワンドリンク制でした。しかも!時間は無制限なので心ゆくまでワンちゃんと触れ合えます。食事メニューとドリンクがセットになったお得なメニューもあるのでお茶するだけじゃなく、可愛いワンちゃんたちに囲まれながらランチも良いと思います。ワンちゃん用のおやつもメニューにあり、これがあれば無条件にワンちゃんたちがみんな寄ってきますよ(笑)

保護犬と直接触れ合える

普通のカフェならワンちゃんがいると入店できないことがほとんどですが、保護犬カフェなら、カフェでくつろぎながら、たくさんのワンちゃん猫ちゃんと触れ合うことができます。

里親希望でなくふれあいのみでも大歓迎

うちはペット飼えないから保護犬の里親にはなれないから行ってもなぁ、、そんなこと考えなくて大丈夫です!私自身も犬を飼える環境ではなかったですが、癒しを求めて保護犬カフェに行きました!

気に入った子がいれば里親になれる

店内にいるワンちゃん猫ちゃんで背中に名札をつけている子はみんな保護犬で里親を募集しています。何度か通って気に入った子がいれば、店員さんに里親希望だと伝えましょう。譲渡条件などもありますので、それも含めてワンちゃんのことを詳しく教えてくれますよ。

お茶するだけで寄付につながる

保護犬カフェの売上げは、ワンちゃん猫ちゃんのために使われます。里親になれないから自分には何もできない、なんてことはないんです。お茶するだけでも、保護活動につながるなんて素敵ですよね。自分は眺めるだけで満足、犬と触れ合わなくてもいいよ、という方はもちろん無理に抱っこなどもしなくていいですし、ただゆっくり椅子に座ってお茶するだけでも保護犬ちゃんたちの応援になるんです。

 

保護犬カフェはどんな人におすすめ?

個人的には、犬好きの友人とお茶をするなら保護犬カフェを普段使いのカフェとしても使いたいくらいです。やはり、ワンちゃんがいる空間はとても癒されます。

犬好きの方ならどなたにも

・飼う予定はないけどワンちゃんと触れ合いたいな

・今住んでいる自宅はペットが飼えないが犬と戯れたいな

・まだ具体的に考えてはいないけど将来的に犬を飼いたいな

・とにかく犬が好き!!!

カフェに行くのに何も条件は必要ないように、保護犬カフェに行くのにも何の条件も必要ありません。里親になる、ならない関係なく、犬好きの方ならどなたにもおすすめです。

 

癒されたい人

セラピードッグという言葉があるぐらい、犬には不思議な癒し効果があります。もしあなたが人と上手く話せなかったり、仕事でストレスが溜まっていたり、何か悩んでいて八方塞がりになっていたら、一度、気軽に保護犬カフェを利用してみるのもいいかもしれません。可愛いワンちゃんたちを見ていると、本当に心が洗われますよ。

 

まとめ

保護犬カフェとは、里親を探している保護犬や保護猫と実際に触れ合え、注文した飲み物代などは保護犬や保護猫ちゃんたちのために寄付されるという仕組みです。

保護犬カフェには人懐こく、人とのふれあいを楽しみにしているワンちゃんがたくさん待っています。

保護犬って聞くと、少し暗いイメージや可哀想なイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、保護犬カフェに行くとそんなイメージは払拭されます。明るい雰囲気の店内でワンちゃんもいろんな性格の子がいて賑やかですし、店員さんも気さくで居心地も良かったです。

以上、実際に保護犬カフェに足を運んで感じたことでした。もしご興味を持たれた方がいたらぜひ、お店に足を運んで見てください♪

お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です